にゃんだフルな日々

40代猫のママのおひとりライフ

ミニバラがベランダガーデニングで冬越し成功?一輪咲いた!

ミニバラ

 

ささやかなベランダでのガーデニングだけど、まあ、成功したりしなかったりの日々。

 

昨年の春に、ミニバラの鉢植えをいただきました。

 

薄いピンクのかわいいミニバラで、なんだか一気に部屋が華やいだような気がして、キッチンの出窓に飾ってみたんです。

 

ミニバラってけっこう花の時期が長くて、秋になっても楽しませていただきました♪

 

問題は無事に冬を越せるかだったんですよねー。

 

そんなミニバラが、ようやく咲きました♪

ミニバラの冬越しは苦難の連続

 すもものガーデニングは正直言って、ど素人レベル。

 

もう、超超初心者なんです。

 

母がすごいいろいろやっていたのを、ほ〜んのちょっと手伝っていたくらいなので、すべてはネット頼りなわけです。

 

しかもガーデニングにはつきものの、虫がほんっとーっっに大の苦手なんですよね〜〜

 

それでも花や緑は大好きなので、なんとか頑張っています。

 

てなところで、ミニバラです!

 

ミニバラは外で冬越ししていいとのことなので、ベランダにて頑張っていただくことに。

 

ただ雨に当たらないように気をつけないといけないらしいんだけど、これがまずミニバラにとってひとつめの苦難となったわけなんですよ。

苦難1:雨

ベランダでの置き場所としては、風通しのいいところがベストポジションなんだけど、そこだと雨が降ったらまず確実に濡れてしまうんです。

 

でも、雨は毎日降るわけじゃないし、風通しを優先!

 

雨が降ったら移動させればいいと思ったんだけど、これがミニバラにとっての苦難になってしまいました。

 

そうですよね、雨が降ったからって、まず家にいなきゃ移動なんかできないし、家にいても移動することを忘れてたらアウトじゃないですか。

 

そんなわけで、ミニバラは雨や雪など自然の猛威を浴び続けたわけです。

 

雨がダメな理由は病気にかかりやすくなるからなんだけど、はい、しっかり葉っぱが病におかされました・・・。

苦難2:ねこ

ミニバラが我が家に来た時から、どういうわけだか花の葉っぱが大好きな黒キジちゃんが、ミニバラの葉っぱを食いちぎるという暴挙に出るんです。

 

花はガン無視で本当に葉っぱだけ!

 

ただ、無理ムリくわえて引っ張るから鉢が倒れることが何度もあったので、黒キジがなかなか届かない場所に置かないといけなかったんです。

 

真冬の葉っぱがない時なら大丈夫と思うじゃないですか。

 

でも、何か感じるのかちょっかい出してくれちゃうんですよ。

 

これには本当に困っておりますのだ。

苦難3:放置

正直、真冬のミニバラは頑張っているんだろうけど、パッと見は枯れてるみたいなんですよね。

 

なので、何度ももうダメなのかもと思って捨てようかと悩みました。

 

水やらなっくてもいいかな?

 

なんて勝手に思って、ちょっと放置しちゃったこともありました。

 

 

そんななこんなで、ミニバラちゃんは数々の苦難にみまわれながらも、頑張って冬を越したのでした♪

ミニバラが苦難の末に花ひらく!

ミニバラ1輪咲いた

 

春になって葉っぱも茂って来たミニバラですが、世間ではバラが咲いたバラだ咲いたと騒がれていましたが、すもものミニバラはツボミの気配もありませんでした。

しかも、どうやらやっぱり葉っぱが病気になっているっぽい(涙)

 

あわてて対処法をネットで検索。

 

いろいろ書かれてるけど、とにかくヤバ目の葉っぱを取り除いて待っていたけど、春が終わって梅雨に入ったころ、ようやくひとつ、ツボミが!

 

「生きててくれた〜〜」

 

もう素直な感想です。

 

そしてさらに数日。

 

ようやく一輪、花が咲きました♪

 

ありがと〜〜!

 

「なんだかいろいろあってもこうやって頑張って花は咲くんだなあ」

 

人生も頑張っていれば花が咲く日が来るかもしれないと、先ずはやることを一生懸命やろうと心に誓うすももなのでした。