にゃんだフルな日々

40代猫のママのおひとりライフ

中尾・しの夫妻が終活?断捨離とは違うそうですぞ

断舎離

 

TVでちらっと見ただけなんだけど、中尾彬と志乃夫妻が「終活夫婦」という本を出したそうです。

 

3軒あった家のうち2軒を処分したり、中尾さんのトレードマークであるネジネジを200本(まだ残りが200本だそうです)処分したり、2tトラック2台分処分したりしたそうですが、これは終活で断捨離じゃないそうなんですよ。

 

一番の違いは、

 

「捨てて哀しくなるものは捨てない」

 

ことなんだって。

 

う〜ん、たしかに捨てたり処分したりして後悔したことありますよね。

 終活にはまだちょっとなのでやるべきは断舎離なわけだ

さすがに終活を考えるには早すぎるだろうとは思うけど、元気に動けるうちにやった方がいいというのは、ちょっと心に留めておこうって思っちゃいますよね。

 

40代ひとり身ともなると、やっぱりそろそろ老後も考えますよね。

 

とはいえですよ、今回は老後じゃなくて断捨離!

 

この断捨離、結構前からブームなんだけど、すももも今まで何回かチャレンジしてきました。

 

でも、なかなか思いきってはできないんですよ〜〜

 

ちょっとずつ、ちょっとずつみたいな中途半端な感じになっちゃって、なんだか全然減った気がしません。

 

本を段ボール数箱とか売ったこともあるけど、その分スペースができたのをいいことにまた本を買ってしまうわけです。

 

断捨離の本を買ったこともあったりするけど、

 

「そんなに割り切れる性格なら、とっくにやれてるわ!」

 

と、実践しないどころか逆ギレで最後まで読んでなかったりしますよ。

 

それでも部屋にあふれるものを見ると、

 

「捨てなきゃ」

 

とは思うわけですよ、これでもね。

 

でも、時間がないとかなんとか言い訳を見つけて、行動に移せないんですよね。

 

さすがにそんなこと言ってちゃダメだと思いながら、今に至ってるわけなんです。

 

断捨離はキッカケが重要なポイントだったりします

すももの友人に、汚部屋まではいかないけど、部屋中にものが積まれているけど、けもの道と寝る場所だけは確保しているツワモノがいたんだけど、ある日を境にきれいさっぱり片付けて、断捨離に踏み切ったんです!

 

急にどうしたのか聞いてみたら、黒くてカサカサ動く嫌な奴が、部屋のすみに積んであった雑誌の隙間からこんにちは状態に。

 

びっくりしてたらさらに違う子が!

 

どうやら部屋に積まれていた雑誌が巣になっていたようなんです、黒いやつの!

 

怖くて眠ることもできなくなって、1回も使ってないんだからいらないものと心を鬼にして、ほぼ全て断捨離したんですよ。

 

数年ぶりに部屋の掃除もできて「ラッキ〜」とまでは明るくありませんが、ず〜っとやらなきゃって言ってたから、これはチャンスだったんですよね。

 

とりあえず、どうやって捨てるかをしっかり考えないとね。

断捨離はすべきとはわかってる

友人のこともあって、すももも断捨離をやっぱりしないといけないとは思っています。

 

思ってはいるんだけど、やっぱり正直時間がないんですよ。

 

え?ブログ書く時間にやれば?

 

おっしゃる通り・・・

 

夏前にちょっと頑張りましょうか。

 

最後に一言!

 

部屋のすみにものは積んでるけど、散らかってるのは嫌いなのでそこそこ片付けてはいますからね!

 

なんたってニャンコ達が走り回るからwww